あなたの家、今いくら?まずは簡単入力で売却価格相場を知りましょう。

物件情報入力で無料査定
  • step1
  • step2
  • step3
  • step4

査定サイトを使うメリット

1社のみに査定を依頼して売却を進めることがありますが不動産会社によって査定額はまちまちです。

たった60秒の簡単入力で500円の差が出ることも!!

あなたの家は今いくら?

60秒入力で売却価格をチェック

家を売る際に損をしないコツとは?

家を売るためには高値で売ること、スムーズに売ること、トラブルがないように売ること、などが理想ですが、最低でも損をしないように家を売却したいものです。
損をしないように家を売るには、どういった点に注意すればよいのでしょうか?

損をしないで家を売るには不動産業者選びが重要

損をしないで家を売るには、不動産業者選びが非常に重要。不動産業者について知っておきましょう。
不動産業者には種類があります。
マンションを売ることが得意、業者用の不動産や土地を売るのが得意、などといった得意分野もあります。
その中で家を売ることが得意な不動産会社を選ぶことが必要です。
一括査定の際に、家を売ることが得意な不動産会社を選別することができるので、それを参考にしたり、自分が売却する家と似た情報の量が多く掲載されている不動産会社を選びましょう。
家を売る際には不動産業者との契約の種類にも注意が必要です。
契約の種類には、専任媒介契約、専属専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があります。
専任媒介契約は依頼をした1つの不動産会社との契約しかできません。
自分で買い手を見つけた場合は経費を支払わなければならず、他の媒介によって成約した場合は、違約金が発生します。
専属専任媒介契約は依頼した1つの不動産会社としか契約できません。
自分で買い手を見つけた場合でも、成約をしてはいけないことになっています。
一般媒介契約は複数の不動産会社と契約することが可能です。
少しでも損をしないように家を売るには、複数の不動産会社に依頼をした方が、買い手がたくさん集まるのではないか、といった考え方もありますが、一般媒介契約の場合、広告などに経費をかけても、他の不動産会社と成約されてしまうことも考えられます。
そうなると、宣伝費などにあまり費用をかけられない、ということも。
専任契約の場合は、依頼した不動産会社で契約をするのですから、少しでも高く家を売却できるように、宣伝をしっかりしてくれて、集客も期待できる、ということもあります。
家を売る際には、不動産会社の営業活動をしっかりしてもらうことも大切です。
専任契約をした場合、報告が義務付けられているので連絡はきますが、大事なのはその内容です。
家を売るためにどのような宣伝活動をしているか、家についての問い合わせの数はどれくらいか、問い合わせの内容は?今後の活動は?現在の状況を踏まえた今後の営業活動、などについて話をしてくれる不動産会社であることが理想です。
なかなか家が売却できない場合は、売却価格の検討を踏まえ、なぜ家を売ることができないのか、を考えなければなりません。
そういった対策を綿密に立ててくれる、情報を提供してくれる不動産会社を選ぶようにしましょう。

家売却のためのリフォームは必要?

家を少しでも高く売るために、部屋の中をきれいにすることは必要です。
家の第一印象は大切ですから、玄関から廊下、各部屋などの掃除をしっかりすることが必要。
障子やふすまなどは破損していたり、畳が汚れていたりするのもマイナス要素。
家はできるだけきれいにしておきたいものです。 特にキッチンやトイレ、バスルーム、洗面台などの水回りは徹底的にきれいにしておくことをお勧めします。
そのためにはハウスクリーニングを依頼するのもいいでしょう。
それならシステムキッチンなど、リフォームをした方が家を売却しやすくなるのではないか?とも考えられます。
フォームした家はきれいで、新築のように見えるでしょう。
確かにいい印象を与えるかもしれません。
かし、買い手はどのような家族で、どういった家を希望しているのかは決まっていません。
システムキッチンよりも、現在のままの方が使いやすいと感じる可能性もあります。
リフォームは数十万円でできるものではない場合が多く、家を売却した際に、リフォーム代の方が高くついてしまう、ということは多いそうです。
不確かなリフォームをするよりも、家の外壁の塗装や屋根の補修、部屋のクリーニングなどに費用をかけた方がいいでしょう。
または、リフォーム代を上乗せした金額を売り出し価格にして、リフォーム費用を上限いくらまで売主が負担する、といったことを伝える方が、買い手にとっては魅力的です。
または、一戸建ての家を売る場合は、駐車スペースなどは重要な要素となるので、駐車スペースが狭い場合は、家の庭などに手を加えて広げる、といった対策をした方が家を売る際には有利になる場合が多いです。

家を売るタイミングで損をしないために

家の売却をスタートして、最初の申し込みが自分の希望価格よりも低い場合、「もっと後にもっといい条件の買い手が現れる」と思ってしまうものです。
家の希望売却価格とほぼ同じだったとしても、もっと高く売ることができるのではないだろうか?と期待してしまうものです。
しかし、時間が経てば経つほど家を売るのは難しくなります。
いつまでも家を売却しないでいると、人気もなくなります。 「もっと後になれば」と期待をしすぎず、家を売るタイミングを逃さないようにしましょう。
そうはいっても、最初の申し込みをすぐに受け入れた方が損をしない、というわけではありません。
希望価格よりも低い場合でも、手付金やローンなどを確認して様子を見ることも必要、ということです。
申し込みに関しては、修正申し込みをすることで、申し込み価格が上がる場合も。
家を売る際の価格や条件の交渉は大事です。

家の売却価格を下げるタイミング

家 売却の際に売却価格を下げるタイミングはとても難しいとされています。
家が売れないと不安になって、すぐに売却価格を下げたくなると思いますが、すぐに下げたり、何度も下げたりしていると、人気のない物件なのでは?と思われてしまい、価値のある物件が安くなってしまうこともあります。
一般的に物件の情報が市場に浸透するのは2~3ヵ月かかると言われています。 それまでは値下げをする必要はない、ということです。
現代ではインターネットで検索をする人が多いので、早い段階で情報を提供することもできますが、家を探している人の中には、雑誌や新聞、広告、チラシなどから家を探している人も少なくありません。
損をしないためにも、焦らず連絡を待つことも必要です。
家を売るタイムリミットがあるのに、なかなか内覧さえも来ない、という場合は家の値下げが必要になる場合があります。
そのタイミングは、地域性やその時の市場を把握している不動産会社と相談し、適切なタイミングで値下げをしましょう。
不動産会社から値下げの提案があった場合は、その理由を確かめてから、判断するようにしましょう。
家の売却価格を値下げする際には、金額についてもよく検討することが必要です。
例えば10万円程度値下げをしても、あまり変わらない、という印象を与えてしまいます。
2520万円を出せる人は、2530万円でも買うはずです。
それを考えると10万円の値下げはあまり意味がないということが言えます。
値下げをする際の金額は「下がった」という印象を与える金額にした方が集客につながるでしょう。

家を売って損をしてしまったら?

希望通りの価格で家を売ることができず、損をしてしまう場合もあります。
その際には譲渡損失の繰越控除といった制度を利用することもできます。
条件を満たせば利用できるので、家を売った際に損をしてしまったら、そういった制度もあるということを知っておくといいでしょう。
できれば家を売る際には損をしたくないものです。
そのためには、家の売却のさまざまな知識を少しでも多く持ち、損をしない不動産選びをすることが大切です。

物件情報入力で無料査定
  • step1
  • step2
  • step3
  • step4